FXゼミナール

FXの専門用語解説-マージンコールとロスカット-

こんにちは、ケイタです^_^

ケイタの副業ネクステージでは

・副業をしたいけれど何から始めたら良いかわからない
・優良案件を探しているのでおすすめがあれば教えてほしい
・気になっている案件があるが参加してもよいのかの判断がつかない

というような方に最新の副業情報を検証や実践してみて分かりやすく解説しております。

また私の一番の得意分野であるFXの知識やノウハウも無料で公開しております。

今回の記事以外にも気になるものがございましたら合わせてご覧ください♪

▼今回のテーマはこちら▼
マージンコールとロスカット についてです。

初めて聞く言葉の方もいるとは思いますが、FXをする人にとっては

避けては通れない道ですので、必ず理解しておきましょう!

本ページの最後に
私が実践しているイチオシのFX投資ツールをご紹介しています。
FXをこれからはじめる方はもちろん、すでに実践されている方も一度ご覧になってみてください♪
あなたのトレード生活のよい相棒になってくれると思います(^-^)/

FXには証拠金対策が必要です

FXトレードでは、あらかじめFX会社へ証拠金を入金して、証拠金の額に応じて適切なレバレッジでトレードする事になります。ですので、極端に言えば証拠金1万円でもトレードを行う事が可能です。

そして、証拠金がどんどん増えていけばそれだけ取引可能な資金が増えていきますので、結果としてより多くの為替差益を稼げる可能性が高くなります。

ただ、負け続けると証拠金がゼロになる可能性がありますが、その前にFX会社からマージンコールやロスカットと呼ばれている連絡が来ますので、証拠金は必ずしもゼロにはなりません。

ちなみに、FXトレードではマージンコールやロスカットが重要になりますが、これらは一体どういう意味なのでしょうか?

マージンコールとは?

FXトレードでは、自社の顧客の証拠金がある一定以下に減らないように、FX会社のトレードシステム内に証拠金がこのレベル(マージンコール)になったら警告を出す機能が組み込まれています。

そして、マージンコールレベルになった場合、顧客に警告が行く事になり、このマージンコールが来たら顧客はFX会社へ追加の証拠金を入れる必要が出てきます。

ですが、このマージンコール、後述するロスカットとは異なりコール自体に強制力はありませんので、マージンコールが来たから必ず証拠金を入金する必要はありません。

ただ、マージンコールはロスカットへの入口になりますので、そのまま放置していれば今後必然的にロスカットに繋がりますので、出来る限り追加の証拠金を入れる必要があります。

マージンコールレベル

マージンコールレベルとは、マージンコールを出す証拠金の残高レベルの事ですが、このレベルは各FX会社によって異なっており、大抵は各社必要証拠金の50〜70%前後に設定している場合が多くなっているようです。

例えば、必要証拠金が200,000円の場合には、証拠金残高が100,000〜140,000円以下になったらマージンコールの警告が来る事になります。ただ、これはあくまで大抵のFX会社になりますので、より正確なマージンコールの基準は取引しているFX会社でご確認下さい。

ロスカットとは?

 

先程のマージンコールと同様に、FX会社では自社の顧客の証拠金がある一定以下に減らないように、FX会社のトレードシステム内に自動的に損切り注文(ロスカット)を行う機能が組み込まれています。

そして、FX会社のシステムによりこのロスカットが決行されると、今まで保有していた全てのポジションが一斉に強制決済されて、保有していたポジションが全て無くなる事になります。

つまり、ロスカットが行われてしまうと、証拠金がほとんど無くなってしまい、保有していたポジションも無くなってしまう、つまりFXトレードにおけるどん底状態になってしまいます。

ですが、後述するロスカットレベルによっては、多少なりとも証拠金が残りますので、残った証拠金で再出発出来る可能性もあります。

ただ、時には突如とした大暴落や大暴騰などによって、FX会社のシステムでロスカットの処理が間に合わず証拠金以上の損失が出る可能性があります。ですので、証拠金が無くならない様に、資金には余裕を持ったポジション管理を行った方が良いです。

ロスカットレベル

先程のマージンコールレベルと同様に、このロスカットレベルも各FX会社によって異なっており、大抵は各社必要証拠金の20〜30%前後に設定している場合が多くなっているようです。

例えば、必要証拠金が200,000円の場合には、証拠金残高が40,000〜60,000円以下になったらロスカットされる事になります。ただ、これはあくまで大抵のFX会社になりますので、より正確なロスカットレベルの基準は取引しているFX会社でご確認下さい。

マージンコールとロスカットについてのまとめ

いかがだったでしょうか?

今回は数字的な話が多く、理解が難しかった人も多かったでしょう。。

簡単にいうと、マージンコールが黄色信号でロスカットが赤信号のようなものですね。

トレードをするにあたり、ここを理解するのは本当に大事です。

FXを始めて、マージンコールもロスカットにもかからなかった人を私は聞いたことがありません。

それだけFXは難しいということです。

プロトレーダーもこの道を必ず通って、成長して今の実績があります。

これから始める方は今回の話を聞くと怖くなる部分もあるかもしれませんが、そこを乗り越えれば、ハイリターンを得ることも可能になります。

またリスク管理さえ行えば、仮にマージンコールやロスカットにかかりそうになる前に回避したり、逆に爆益につなげることも可能です。

ちなみに、私が実践している自動売買を活用すれば専用のサポートラインがありますので、

そういった際の対処法も確認できます。

損失を最小限に止めたり、利益を最大化するアドバイスもありますので是非ご利用してみてください!

設定は最初のみですので、あとは勝手に機械的に取引してくれるので、とても楽ですよ♪

継続して実績も出ておりますし、運用開始までのサポートもしておりますのでご安心ください。

以下に詳細を記載していますので、是非合わせてご覧ください!

【先着50名】ケイタ本命のFX自動売買システム 無料モニター募集こんにちは! ブログを運営しております、ケイタです! 当ブログを通じて様々な副業をご紹介しておりますので、気になるものございまし...